Mindfulness



【マインドフルネスとは】

マインドフルネスとは、雑念を手放し、リラックスして、「今だけに集中して研ぎ澄まされている状態」のこと、または、その状態を目指す過程のことを指します。

【得られるもの】

日々忙しい日常の中、何かに対する不安や恐れの感情、自他への否定など、止むことのない心の状態が続く現代人にとって、雑念を持たず、リラックスする時間は、心の健康の為に大切です。

マインドフルネスは、心身ともにリラックスし、精神的に安定した自分になる事により、幸福感や満足感の向上、モチベーションアップ、生産性の向上がもたらされます。

【現状】

最新の脳科学で、ストレスの軽減や、自律神経の調整、集中力のアップ等の効果が実証され、Googleなどの企業や、医療現場、教育機関など、様々な分野で取り入れられています。

★医療現場:患者のストレス軽減や、鬱病の再発防止など

★教育現場:集中力アップや、心の落ち着きの為に(いじめや差別の減少)

★企業:パフォーマンスの向上、幸福感・生産性の向上など

【実践方法】

●マインドフルネス瞑想:瞑想とは、古くから、禅やヨガなどで行われているものですが、「マインドフルネス瞑想」では、宗教的な要素を省き、どのような方でも気軽に実践できる特徴があります。

●マインドフル・イーティング:静かな環境で、時間をかけてゆっくりと食事し、食事のみに集中する、マインドフルネスの実践法の一種。